fbpx
初めて当サイトを訪れた方

「角度」が外反母趾の診断基準。「指が真っ直ぐか?」で判断すると危険な理由とは

外反母趾の中にも「軽度」「重度」などの程度の違いがあります。

その判断の基準は「角度」ですが、意外にご自分の「程度(角度)」を把握しておられる方は、少ないようです。

患者さん
患者さん
そういわれてみれば、私も重なりそうな指を広げることばかり気にして、角度がどれぐらいかは知らないですね
中島先生
中島先生
実はそれは、外反母趾を治すのにとても重要なことなんです。指は広がっても治っていない、というケースはよくあるからなんです。

ここでは外反母趾の診断基準である母趾(親指)の「角度」について、また最近注目されている「新しい判断基準」について、詳しくお伝えしていきます。

程度の基準となる角度の測り方

あなたの外反母趾がどの程度の状態なのかは、「角度」で判断されます。

出っ張ってきている親指の付け根の角度を測るのですが、その測り方は2種類あります。

まず、お医者さんがレントゲンなどを使って測る「外反母趾角度(HV角)」という測り方。

写真の様に、レントゲンなどで骨に沿って角度を出すやり方です。

もう一つが皆さんも手軽にできる、「第一趾側角度」という測り方。

測り方は以下のような形。

どちらが正確かは、皆さんは基本的に気にしなくて大丈夫です。

なぜなら角度はあくまで、程度や改善を把握する目安だからです。

そして上の絵にはその診断の基準も出ていますが、これも解釈などによって多少違いがあります。

絵では15度~が外反母趾となっていますが、20度~と言っている先生もおられます。

しかし例えば「17度はセーフかアウトか?」ということではなく、どちらにしても気を付けないといけないという点で同じなので、これもそれほど気にすることはないでしょう。

むしろ、毎回測る基準を同じにすることで、改善していっているのかどうかを確認することの方が重要です。

「指が離れてきた」「真っ直ぐになった」では、わからない

このように外反母趾は、角度が一つの大きな基準です。

しかし多くの方はどちらかというと角度より、「指の開き具合」「重なってきた指の離れ具合」の方を気にし勝ちです。

気持ちはわかりますが、これは危険な判断の仕方

なぜならまず、指離れたとしても角度は変わっていない、という治り方もあり得るからです。

ちなみに、これは強引に指を広げてみて撮った写真です。

見方によっては真っ直ぐに見えますが、きちんと角度を取ってみると治ってはいないのがわかります。

なので「指が真っ直ぐかどうか」や「指の開き具合」ではなく、角度の方が重要な基準。

そして最近は更に、外反母趾の状態の新たな判断の基準として、足の「横幅」が一番重要なのではないか、と言われるようになってきています。

新しい判断基準「横幅」

外反母趾の改善の基準を測るのに、なぜ横幅が重要なのか?

それは外反母趾の発生の成り立ちを考えれば、すぐにわかります。

左の絵が正常、真ん中の絵が外反母趾です。

外反母趾になった方は、外に向いて重なってくる親指先に目が行きがちです。

しかし外反母趾はこの絵を見ればすぐわかるように、本来親指の付け根が外に広がって、足の横幅が広がっている病気。

それにつれて親指の向きが外を向くのです。

横幅が締まらないと、本当には治っていない

ということは外反母趾の「本当の改善」とは、親指の付け根の位置が締まって元の位置に戻ることのはず。

その結果、親指の向きも治るということ。

しかしもしも外に向いた指を広げること「だけ」をやってしまうと、どうでしょうか?

実際の例でご説明します。

この方は中程度の外反母趾ですが、横幅を測ると、9.48センチでした。

指を広げて治して(?)みましたが、横幅は9.43センチで、ほとんど変わりません。

本当の意味では治っていないことがわかります。

正しい治し方をすると、横幅は8.14センチ!。

1センチ以上も締まって小さくなっています。

もし二番目の写真の様に、足の指を広げて治ったと勘違いしてしまうと、とても危険。

足の骨が横に広がった状態のままだと、足の踏ん張る力などは落ちたままで、不安定な状態になってしまうからです。

また、足の横幅が広がったったままなので、靴選びなどは依然として難しいままになります。

これらの理由で、外反母趾の判断基準は「親指が真っ直ぐか?」よりは「親指付け根の角度」、そして「親指付け根の角度」よりは「足の横幅」が改善しているかがより重要と、みられるようになってきているのです。

横幅が締まって治った具体例(症例写真)

では、「足の横幅が締まって外反母趾が改善する」、そんな治り方は本当に可能なのでしょうか?

こちらをご覧ください。

この女性は右足が6ミリ、左足は11ミリも締まって小さくなっています。

この女性も右足は10ミリ、左足は9ミリも締まって細くなっています。

もちろんそれに伴いどちらの方も、外反母趾の角度も中程度後半が正常値手前まで、大幅に改善しています。

こういう治り方をすれば、足は骨の結合が密になり丈夫で安定。

しかも横幅が細くなっているので、靴を選ぶのも楽になります。

ではこのような「横幅が締まる」という治り方は、どのようにすればできるのでしょうか。

どうすれば横幅が締まって治るのか

横幅が締まることが必要だとわかったからと言って、テーピングやサポーターや包帯などで、締めればよいという訳ではありません。

そのようなやり方をしてしまっても効果が無いばかりか、逆に痛みが出る場合が多いのです。

なぜなら、それは原因無視の強引なやり方だから。

何にでも原因があるように、足の親指の骨が緩み横に広がった原因というものもあるのです。

その原因をきちんと把握し、それに対する対策を打つからこそ元に戻る。

ではその足の骨が緩んだ原因とは何か。

それはあなたの良くない歩き方、患部に負担のかかる歩き方が原因なのです。

歩き方を改善すれば、横幅はどんどん締まる

外反母趾の原因を、いまだにハイヒールや遺伝や足指が弱ったせいだと思っておられる方は、意外に多くおられます。

しかしハイヒールを履かない方や男性もなりますし、進行していくことからも生まれつきの素養だけ、が原因ではないこともわかります。

また足指をよく使うアスリートにも多く見られ、これらでは説明のつかないことから、もっと核心的な原因があることが想像できます。

そして実は外反母趾はその想像通り、あなたの良くない歩き方が原因だと明らかになっているのです。

足の医療は進んでいる国とそうでない国があり、日本は実は後者に分類されるのです。

足の医療の進んだ国では、すでに明らか

足の医療の進んだ国では、専門のカリキュラムを修めた足専門医が存在しています。

そしてそのような専門医の間では外反母趾は、「過剰回内(オーバープロネーション)」というよくない足の使い方が主原因だと、すでに広く知られているのです。

ということは、外反母趾はその良くない歩き方をやっている限りは、どんな対策を取ろうがいつまでも続く。

逆にその問題の歩き方を正すことができれば、それこそが根本的な改善をもたらすということになるのです。

それが本当なのか、そんな歩き方の改善ぐらいで本当に外反母趾が治るのか。

その答えが先ほどの改善例ということです。

あれだけの改善をもたらすのに、私は足の指には触れてもいません

あのような改善例は珍しくなく、公開許可を得ているだけでも1000例以上保有しております。

まとめ

外反母趾の程度を測る基準は、親指付け根の角度。

これを把握していなければ、改善したかどうかわからないことになります。

また最近は状態を測る基準として、「横幅」という基準が重要視されてきています。

この基準が重要なのは、外反母趾の成り立ちから考えればすぐにわかることです。

横幅が締まった結果、角度も減少する。

そんな正しい治り方は、歩き方を改善することで実現できます。

なぜなら良くない歩き方こそが、外反母趾の原因だから。

原因を取り除くことで、あなたの外反母趾は横幅・角度共にどんどん改善させることができるのです。

外反母趾はどんな状態になれば「治った」と言えるのか?外反母趾は自分で治すときはともかく、治してもらう時には特に「どんな状態になれば治ったか」を、確認しておく必要があります。 治療を受...
外反母趾とは、どんな状態のことを指すのか。あなたは外反母趾なのか?外反母趾は足の親指の付け根の症状ですが、ご自分が外反母趾なのかどうなのか、実はよくわかっていない方も多いようです。 私は自身の足専...
外反母趾を画像で詳細解説。あなたの状態が目で見比べてわかる!私の治療院には、外反母趾がとことん酷くなるまで放っておいて、どうしようもない状態でお越しになる方が、かなりの数おられます。 それら...
改善例集 ~外反母趾は本当に「歩き方」で改善するのか?~「ゆるかかと歩き」で外反母趾を改善した方達の、詳細な改善例の一部を挙げました。 外反母趾の判断基準 ~角度の測り方~ これは...

スマホやタブレットのカメラ機能で、外反母趾の角度を測定できる無料WEBサービスを提供しています。宜しければご活用ください。

ABOUT ME
中島武志
中島武志
外反母趾改善の専門家。アメリカ足病医学をベースとした歩法”ゆるかかと歩き”で外反母趾を大幅改善。公開許可のある改善症例1000例以上(2019年5月現在)。北は北海道から南は福岡まで、その歩行指導メソッドを全国の治療家が続々と導入中。ネイティブウォーキング協会代表理事。