fbpx

外反母趾を治せるようになりたい治療家の方へ ~セミナーのご案内~

外反母趾はなぜ、歩き方を変えるだけで治るのか?

「外反母趾は歩き方の改善だけで、痛みも形も治ります。」

「しかもそれは高齢であろうが、重度であろうが、杖をついていようが、リウマチを併発していようが大丈夫です。」

これを聞いて、あなたはどう思うでしょうか?

これまで治すことができなかった方々は、「絶対ウソ!」「また何か売りつけようとして」「そんなので治ったら苦労しない」等と思われることでしょう。

しかし、これは紛れもない事実なのです。

それを今から5分ほどで読めるこの記事で、ご説明いたします。

このことは知っておくだけでも、あなたの治療家としての可能性を大きく広げてくれることになるでしょう。

外反母趾改善症例(フットルックによる画像データ)

まずはこちらをご覧下さい。

これらの資料は、数多くの大学病院でも使用の「フットルック」という測定器で記録したもの。

外反母趾の基準は「角度」

外反母趾の基準は「角度」と明確になっています。

ならば治療の効果を証明するのに、信頼のおける機器で角度のビフォーアフターを記録するのは必須。

ご覧いただければわかるように、角度は軒並み大幅に変化していますが、私はこの成果を出すために、足の指には一切触れてはいません

基本的に全て歩き方の改善で成したものです。

そしてもちろん痛みに関しても、皆さん発生しなくなっています。

このような改善例が、私の元には公開可能なだけでも1000例以上

この資料が注目され、先日(2019年9月)著書の出版にこぎつけています。

しかもその本は、現役の整形外科医の医師監修が入っていることからも、信頼性のある情報だとご理解いただけるでしょう。

いかがでしょうか。

これまで治療に苦労してきたあなたには、「なぜ歩き方を変えたぐらいで?」と、にわかには信じがたい話かもしれません。

しかしそこに多くの療家が陥っている、ある大きな誤解があるのです。

外反母趾がいわゆる「治療」では治せない理由

それは実は外反母趾は「生活習慣病」であり、「生活習慣病」は「治療」では治らない、という事実。

それが外反母趾の改善と、どう関係があるのでしょうか。

もしあなたがきちんと根本的に外反母趾を治そうと思えば、症状だけに気を取られるのではなく、その原因に目を向けなくてはならないでしょう。

私達療術家が見ている症状を大きく分けると、事故やアクシデントなど由来のいわば「急性症状」と、生活習慣由来などの「慢性症状」に分けることができます。

ここが大きなポイントで、急性症状と慢性症状では、根本的な改善のために必要なアプローチが、全く異なるのです。

外反母趾は生活習慣由来の「慢性病」、だから…

外反母趾が事故などが原因で急にボコッと変形したのであれば、テーピングやマッサージ、サポーターなどで治すことも可能でしょう。

なぜなら「原因」はその事故の一瞬であり、今はもう発生していない(続いていない)から。

後はその形を元に戻すという処置で、治っていくでしょう。

しかし外反母趾の原因は、事故などではないということは何らかの「生活習慣」。

ということは事故とは違い、その形になる「原因」は今も毎日続いている、ということになるはずです。

だとすれば、原因をそのままにしておいて、変形した形という症状を整え続けても、改善するのはその直後だけで、終わりは来ないのは当然のこと。

ご理解いただけたでしょうか?

なので自然治癒力があるはずなのに、しかもあなたが形を整えたりこわばった箇所をほぐしたりしているのに、すぐに元に戻ってしまっていたのです。

それは食べすぎという生活習慣が原因で肥満の方が、いくら脂肪吸引をしても、食べすぎを止めなければすぐに元に戻るのと同じこと。

鋭い方はもうお気づきだと思いますが、肩こりも腰痛も膝痛も、あらゆる慢性病はこれと同じことが言えるのです。

外反母趾の原因は「歩き方」

では外反母趾になる生活習慣とは何かというと、それが良くない歩き方

あなたは歩き方に「良い」「悪い」があり、それが足の疾患に影響しているなどと考えたことはないかもしれません。

しかし、どんなものにでも理にかなった適切なフォームがあるように、足にもその骨格上理にかなった適切な歩行フォームがあるのです。

歩行時に足は本来、2つの形を交互に行き来するように、実は変形を繰り返しながら歩いているのです。

着地時に使用する「回内(プロネーション)」と、それ以外の時の「回外(スピネーション)」という2つの形です。

この変形を繰り返すことで足は衝撃を吸収し、なおかつパワーを最大限発揮し、それでいて壊れにくいという設計になっているのです。

生体構造力学と過剰回内

このような構造上の仕組みを研究した学問を、「生体構造力学(バイオメカニクス)」といい、それを基にした足の医学においては、残念ながら日本は後進国と言われています。

そんなこともあり現代の日本では、その様に足を上手く使って歩けず、ほぼ回内(プロネーション)のみで歩いてしまっている方が増えています。

これこそが外反母趾の主原因である「過剰回内(オーバープロネーション)」

あらゆる足の疾患の元になる、いわば「悪の親玉」みたいなものです。

これらのことは、足の医療の先進国では半ば当たり前のこと。

私はこれらのことを、アメリカの足病医学を学ぶことによって知りました。

「ゆるかかと歩き」で、外反母趾はなぜ治るのか

もし本当にこの過剰回内(オーバープロネーション)が外反母趾の原因であるなら、それを改善すれば外反母趾は治るはず。

そう考えた私は、「回内⇔回外」の足の仕組みから逆算して、歩行時の全身の動きを組み立てました。

そしてその歩き方を「患者さんに試してもらう⇒フットルックで計測」を繰り返し、辿り着いた歩き方が「ゆるかかと歩き」

外反母趾の痛みも形も改善できる歩き方です。

ゆるかかと歩き(動画)

具体的にはどんな歩き方なのか、動画でご覧下さい。

一見何の変哲もない「普通の歩き方」の様に見えるでしょう。

それはそうです。

外反母趾の方の歩き方が普通ではない、のですから。

言い換えれば足の慢性疾患の多い現代は、ほとんどの方がその「普通の歩き方」ができなくなってしまっている、ということになります。

歩き方の詳細は、私の著書にも出ておりますので、宜しければご参考になさってください。

ゆるかかと歩きの習得は容易か?

ではみんなその本を読めば、ゆるかかと歩きができる様になるのでしょうか?

できる限りを尽くして書いた本ではあります。

なので足にどこにも不調のない方、外反母趾では予備軍~軽度ぐらいの方であれば何とか、と言ったところでしょうか。

足に不調のある方や外反母趾でも中程度以上の方にとっては、率直に言って非常に厳しいと言わざるを得ません。

また理解力や運動神経などにも、左右されてしまいはします。

それはゴルフやダンスを習うとして、先生につかずレッスン本やビデオだけでどこまでうまくなるか、と考えていただければお分かりいただけるかと思います。

ゆるかかと歩きのインストラクターの必要性

このような現実もあり、私はこの歩き方を広めるために著書やサイトで情報を発信していってはいますが、最も重要なのはゆるかかと歩きの指導に精通した人材の育成、と考えているのです。

私はお子さんであろうがご年配であろうが、重度であろうが体力が無かろうが、誰もが習得できる「ゆるかかと歩き習得メソッド」を構築しました。

そして更にそれを教える指導者が、どの手順でどのような教え方をすればよいのかという「ゆるかかと歩き指導者育成メソッド」の構築も、同時に行っていたのです。

なので近年では、私から教えを受けた治療家やセラピストやヨガの先生方が、全国各地でゆるかかと歩きを指導し、私と同じような成果を上げ始めておられるのです。

導入先生方の声

ここに挙がっているこれまで私がお教えした先生方は、今患者さんに起こっている症状」に対して、それを改善する「治療」を頑張っておられました。

「どの筋肉を、どう緩めれば」「どの関節の可動域を、どう広げれば」

外反母趾に関しても、当然そうだったようです。

しかしその筋肉はそもそもなぜ硬直したのか、その関節の可動域はそもそもなぜ狭くなったのか、外反母趾の方はなぜ変形したのか、そこには目を向けたことは、殆どなかったと仰います。

その様な視点の傾向は、急性症状の改善を学んできた「柔道整復師」の方であればあるほど、強いようです。

しかし先ほどお伝えしたように、その症状が事故などの急性の原因ではなく、日々の体の使い方(生活習慣)で発生しているものだったとしたら、どうでしょう。

その最たるものが歩き方の間違いで、その指導を身に着けることで飛躍的な成果を手にされたのです。

ゆるかかと歩きの効果は、外反母趾だけにとどまらない

ゆるかかと歩きの指導ができる様になることで手にするのは、外反母趾の改善に強い治療院になることだけではありません

前述のようにゆるかかと歩きとは、足の構造的に理にかなった歩き方。

ということは、外反母趾は、数字で変化がわかりやすいので大きく打ち出していますが、その他のあらゆる足の疾患の改善にも有効だということ。

例えばあなたが改善に苦労している難治のヒザ痛は、歩き方が良くないせいで治っていかないだけ、なのかもしれないということなのです。

ゆるかかと歩きで改善が期待できる症状

以下はゆるかかと歩きによって改善が確認できた症状改善です。

まずは体験セミナー(ショートセミナー)に

いかがでしょうか?

ゆるかかと歩きの信頼性の特徴

外反母趾の改善の、信頼性の高い機器での1000例以上のデータがある。

マスコミも取り上げ、医師監修が付いた本が出版社から出版されている。

生体構造力学・アメリカ足病医学という、しっかりした理論的なベースがある。

導入した全国の多くの先生が、同じような成果を上げておられる。

これらがお互いに裏付けとなって信頼を勝ち得、このゆるかかと歩きは今、全国に急速に広まっています。

あなたがもしこの「ゆるかかと歩き」を指導することができる様になれば、治療家としての可能性は大きく広がります。

「治療」ではなく「指導」という角度からの改善の術を持つことで、外反母趾を始めとした、今まで治せなかった・苦労していた症状の改善が、容易になることでしょう。

そしてそれは多くの患者様を救う力になるだけでなく、それがあなたの人生の中の大きな誇りになることは、間違いありません

また、「外反母趾を治すことのできる治療院」、ひいては「歩き方を直すことのできる先生」として独自の市場を築き、地域でもオンリーワンの存在になることもできます。

これから知名度を上げていくこの歩き方と共に、あなたの地域での知名度も上がっていくことでしょう。

もし、あなたが導入に興味をお持ちいただいたなら、まずはぜひ一度体験セミナー(ショートセミナー)に参加してみてはいかがでしょうか?

体験セミナー(ショートセミナー) 内容と日程

ご興味がありまずは体験してみたい、詳しく話を聞いてみたいという方対象に、東京大阪と福岡で定期的に体験セミナーを行っています。

まずはそちらにご参加いただき、「ゆるかかと歩き」の効果のほどをご体験いただくとよいのではないでしょうか?

参加資格は治療家やヨガインストラクター等、治療や指導を職業としておられる方、もしくはこれからそれらを目指すという方。

ご自身の外反母趾を治したいという、一般の方向けのセミナーではないのでご注意ください(ご自分の外反母趾を治したい方は、お近くの「ゆるかかと歩き指導施設」にご連絡ください→コチラ

この体験セミナーで外反母趾の発生メカニズムを、アメリカ足病医学・生体構造力学といった理論的説明だけでなく、実際にご自分の足でもご体験いただけます。

もちろん「ゆるかかと歩き」もご体験いただけます。その効果の程は皆さん、体験した瞬間に例外なくお分かりいただけています。

ちなみに参加費は1000円と格安ですが、理由はまず正しい情報の普及目的のため。

受けた先生方は皆さん仰いますが、このセミナーでの情報で「外反母趾がなぜ治らなかったのか」「どうやったら治るのか」が体験・実感でき、確信が持てるようになります。

なのでこれが2つ目の理由にもつながるのですが、というわけで必ず一定の割合でインストラクターセミナーの受講希望者が出てくるため。

もちろん強要等は一切無いので、ご安心を(そんなことをする必要がないのです)。

ということで、このセミナーだけでの採算を考えていないため、充実の内容にもかかわらず格安でご体験いただけるということです。

先ほど挙げた先生方の様に、この体験セミナーがあなたの人生を大きく変える「転機」になることでしょう。

2019年12月15日(日)東京(JR山手線神田駅周辺)

10時~12時 定員10名 参加費 1000円

(定員になり次第締め切らせていただきます)残り1名!

2019年12月21日(土)大阪(新大阪駅周辺)

17時~19時 定員10名 参加費 1000円

(定員になり次第締め切らせていただきます)残り4名!

2020年1月26日(日)福岡(福岡市南区)

10時~12時 定員4名 参加費 1000円

(定員になり次第締め切らせていただきます)残り2名!

2020年2月2日(日)東京(都内)

10時~12時 定員10名 参加費 1000円

(定員になり次第締め切らせていただきます)募集中

今後の日程は2週間~1カ月ごとに更新されます。

※上記の日程があわない場合→こちらの別日程希望フォームにご登録してください。日程が追加された時にご案内致します。

※また、お知り合いの治療家の方が3名以上お集まりで受講をご希望の場合、日本全国どこへでもお伺いし、オーダーメイドの出張開催を承っております。その場合も別途出張料金等の追加費用は頂戴しておらず、参加費のみで承ります。詳しくはメールでお問い合わせください。

インストラクター講座については、協会サイトをご覧ください。

-セミナーお申込み-





ご注意:お申込みいただいた方には、お申し込み後1営業日中に受付完了メールが、セミナー10日前までにはリマインドメールが届きます。

届かない場合は迷惑メール拒否設定の影響や、迷惑メールフォルダに入っていることなどが考えられますので、ご確認ください。

改善例集 ~外反母趾は本当に「歩き方」で改善するのか?~「ゆるかかと歩き」で外反母趾を改善した方達の、詳細な改善例の一部を挙げました。 外反母趾の判断基準 ~角度の測り方~ これは...
外反母趾はどんな状態になれば「治った」と言えるのか?外反母趾は自分で治すときはともかく、治してもらう時には特に「どんな状態になれば治ったか」を、確認しておく必要があります。 治療を受...
外反母趾とタコ・魚の目の関係。意外な共通の原因とは?外反母趾にお困りの方は、多くの場合「タコ」や「魚の目」にも同時に悩ませられているものです。 それは外反母趾と、タコや魚の目の発生原...
外反母趾の方にお勧めの靴とは? 選び方のポイントや間違いのないブランドについて外反母趾は、決して靴のせいだけで発生するわけではありません。 しかしもちろん靴の影響は大きいので、選び方はとても重要です。 ...