fbpx
初めて当サイトを訪れた方

外反母趾の痛みはどうすれはなくなるのか? 痛みのタイプ別の応急処置から本質的な改善まで

外反母趾で悩む方の二大問題と言えば、変形した形と痛みでしょう。

特に痛みは、酷くなれば歩けなくなる程になるので、より差し迫った問題だといえます。

患者さん
患者さん
私も痛みのひどい日は、会社を早退しようかと思うほどです。
中島先生
中島先生
痛みのタイプによって対処法も違います。間違った対応のせいでより痛みが増すこともあるので、要注意です。

ここではそんな外反母趾の痛みのタイプ別の応急処置、さらには本質的な改善までをお伝えします。

外反母趾の痛みの2つのタイプ

まず外反母趾の痛みには、大きく分けて2つの種類があると考えてください。

一つは靴を履いているときにこすれて痛いだけで、靴を脱ぐと大丈夫な痛み。

摩擦によって起こっている痛みです。

そしてもう一つは、靴を履いていようがいまいが変わらず痛い痛みです。

摩擦の痛み

まず靴を履いている時にこすれて痛い、摩擦の痛みについて。

これは靴に関係なく痛い痛みよりは、まだ比較的軽い状態といえます。

今の足の状態と靴の幅が合っておらず、そして地面を強く蹴って歩く傾向の方にでやすい痛みです。

摩擦の痛みの、やってはいけない対策

この痛みが出た時に、多くの方がやってしまう間違った対策があります。

それは足の横が当たらないよう、横幅の広い靴を買ってしまうと言う対策。

これはできるだけ避けた方が良い対策です。

なぜなら足の横幅が広い靴を履くと、その分足全体としては靴の中でルーズになります。

そしてそのルーズさを無意識に調整しようと、歩き方はどんどん良くない方向に。

それがさらに外反母趾を悪化させるのです。

そうしてさらに足の横幅は更に広がり、また更に横の広い靴を探す。

この繰り返し。

最終的に足の横幅がこれ以上伸びない、と言うところまで悪くならない限り、どんどん靴の横幅を広げるしかなくなってしまうのです。

摩擦の痛みの応急処置

ではこの場合まず、その痛みの取りあえずの応急処置としてはどうするのが適切か。

薄い絆創膏貼って摩擦を軽減したり、その周りだけに当てる薄いサポーターなどで、摩擦を緩和します。

もしサポーターを使う場合、ご注意いただきたい点が二点。

一点目は、親指と人差し指を離そうと、間に詰め物の様なものがついているサポーターはしないこと。

外反母趾は親指が内に入ってきているというよりは、親指の付け根辺りが横に広がって、その結果親指が内を向いたというのが正しい表現。

この二つは同じことの様に見えて、かなりの違いがあります。

左が正常、真ん中が外反母趾です。

真ん中の絵の様に、親指の付け根辺りが広がっているのが問題であれば、右の絵の様に指を広げて治そうとすると、見た目は整ったように見えて実は、余計に症状を進行させることになります。

なので親指と人差し指の間に、何かを挟んで広げるというのは厳禁ということです。

そして注意点の二点目は、患部を保護するパッドができるだけ薄いものを選ぶこと。

これが分厚いと、余計に靴の横幅が必要になってしまうからです。

摩擦ではない、足自体の痛み

次にもう一つの、摩擦ではない方の痛みに対して。

これは靴の影響ではなく、足の関節や関節の周囲自体に炎症が起きており、それが痛みのもとになっています。

なので外反母趾としては摩擦の痛みより、症状は進んでしまっているといえます。

摩擦ではない痛みの、やってはいけない対策

この時にやってしまうとまずい対策として、親指の付け根の下あたりにクッションを入れてしまうと言うもの。

ハイヒールを履く方などが、その辺りにクッションを入れて履いているのを、たまに見かけます。

クッションを入れて、衝撃を緩めれば何とかなるのかもと思う気持ちは、わからないではありません。

しかし実はこれも全くの逆効果。

クッションを入れて当たりを柔らかくすると、その分足は不安定になり、その不安定をなんとかしようと、足に無駄な力が必要になります。

それがさらに痛みを大きくし、外反母趾自体も悪化させます。

摩擦ではない痛みの応急処置

このぐらいの症状になった方に、応急処置程度の簡単な処置は、実は殆どありません。

要するに、

摩擦ではない痛み=程度が進んでいる=応急処置の段階ではない

ということ。

強いて言えばつま先側に加重せず、踵だけで歩くようなイメージで歩くこと。

そしてその痛み自体の対策としては、靴を脱いだ後とにかくしっかりと冷やすこと。

起きている炎症をできるだけ早く抑えることで、患部の修復を早められます。

湿布などは、正直あまり効果がありません。表面がひんやりするする程度。

一番良いのは家に帰ってすぐ、氷水に足を二十分ぐらいつけること。

家事などでその時間が取れなければ、靴下を二枚履き、一枚目と二枚目の間にケーキを買った時などに入っている小さな冷凍保冷剤を入れて、冷やすと良いでしょう。

これなら冷やしながら動けます。

その場合も時間は、二十分ぐらいは冷やすことです。

そもそも痛み本当に悪者なのか。痛みの役割とは?

しかし痛みとは本来「そこに問題が起きている」「その問題を何とかしてよ」と言う、体からのお知らせのはずです。

要するに痛み自体が悪者、痛み自体が問題ではないということ。

ですから痛みだけを消しにかかっても、本当は意味のないことです。

ただの問題の先送り。

痛み止めの薬を飲んでも原因は解消されておらず、薬が切れるとまた痛くなるのと、大きな意味では同じこと。

必ず先に大きな問題になって、それはまたやってくるのです。

そしてそれは外反母趾の痛みも、同じことが言えます。

そうやってどんどん状態を酷くしてしまう方が、後を絶ちません。

なので応急処置はしつつも、それはあくまで我慢できない痛みに対しての応急の処置。

同時にいち早く本質的な解決、原因の解消に取り掛からなくてはいけません。

では外反母趾の痛みの原因、もっと言えば外反母趾の原因とは、何なのでしょうか?

外反母趾の痛みの原因

先程の2つの痛みの種類は、その程度が違うだけで問題の本質は実は同じ。

痛みを引き起こしている原因は、実はあなたの足の使い方(歩き方)が良くないことにありるのです。

原因は、ハイヒールでも遺伝でもなかった!

外反母趾の原因は、ハイヒールのせいではありません。

ハイヒールを履かない方や男性はおろか、裸足の民族の方までなることからも明らかです。

遺伝も関係はしていますが、それが主な原因ではありません。

それはあなたの足の状態が、生まれた時からずっとそのままのではなく、どんどん進行していることからもわかるでしょう。

では外反母趾の原因は何なのか?

それは良くない足の使い方(歩き方)

このことはアメリカなどの足の医療の先進国では、既に明らかになっている事。

具体的には過剰回内(オーバープロネーション)と言う足の使い方が、引き起こすものなのです。

なのでこの過剰回内という問題の歩き方を改善できれば、外反母趾の痛みが無くなるのはもちろん、出っ張りも小さくなり、外反母趾自体が改善していくのです。

痛みの出ない歩き方とは(動画)

具体的にはどんな歩き方をすれば良いのでしょうか?

まずはその場で行進をするように、足踏みをしてみてください。

そしてその動きのまま、ゆっくり前に出てみてください。

いつもより、ももを持ち上げるような、その歩き方でOKです。

 

「本当にこれだけで?」

「一般的に良いと言われている歩き方と、全然違うけど?」

よく言われますが、大丈夫です(笑)

私は治療の現場でもこれで成果を出していますし、足の骨格の仕組みから見てもこれで正解です。

これで過剰回内が完全に解消したわけではないのですが、そのための基本はできている状態で、これでもかなりの効果があります。

何故この歩き方で、痛みは治まるのか?

この歩き方は足指よりも、かかとをメインにして歩く仕組み。

外反母趾の方には、これが大きなポイントになります。

「足指を使わないから外反母趾になっている」と思っている方も多いようですが、そうではありません。

もしそれがその通りで、足指を鍛えれば治るのであれば、足指を酷使するハイヒールは、外反母趾に効果的なはず。

しかし、そうではないですよね。

体を横から見ればすぐにわかりますが、体の真下はかかと。

なので歩くときにもかかとを中心に歩くのが、骨格の構造上も自然で負担がないのです。

では足の前部分、指やつま先あたりを使うのはどんな場面か?

それは主にスピードを上げる時。具体的には走る時など。

そんな場合はつま先の方で地面を蹴ることが必要になります。

しかし歩くときには、それは過剰な動作。

実はこれも、外反母趾を作る原因の一つなのです。

なので外反母趾になっている方は、知らずのうちに「走る姿勢で歩いている」「走る動きで歩いている」とも言えるのです。

まとめ

応急処置は、あくまで緊急的な応急の対応。

本質的な改善の結果、痛みもなくなるというのを目指しましょう。

そのためにはとにかくまずは一度、この歩き方を試してみてください。

歩き方を変えるだけですから、お金もかかりませんしね。

痛みの変化に、驚かれることでしょう。

スマホやタブレットのカメラ機能で、外反母趾の角度を測定できるWEBサービスを無料で提供しています。宜しければご活用ください。

 

ABOUT ME
中島武志
中島武志
外反母趾改善の専門家。アメリカ足病医学をベースとした歩法”ゆるかかと歩き”で外反母趾を大幅改善。公開許可のある改善症例1000例以上(2019年5月現在)。北は北海道から南は福岡まで、その歩行指導メソッドを全国の治療家が続々と導入中。ネイティブウォーキング協会代表理事。