fbpx
外反母趾の一般的な治し方

外反母趾と偏平足の関係について。足裏アーチの低下は外反母趾の原因なのか?

外反母趾の原因として足裏アーチの低下、いわゆる「偏平足」を挙げる方がおられます。

患者さん
患者さん
私も気づいたときから土踏まずが低く、気にしていたんです。それと外反母趾は関係があるんですか?
中島先生
中島先生
それが「原因」という訳ではないですが、関係はあります。治る時は一緒に治っていくようになっています

このページでは外反母趾と偏平足の関係や、その治り方について説明します。

外反母趾とはどんな状態のことか

外反母趾とは、親指の付け根辺りが横に広がり、出っ張ってしまった状態。

痛みは出ない方もおられます(痛みは無くても、その影響はあちこちに出ているので要注意です)

あなたが外反母趾かどうか、またその程度については以下の様なチェックでわかります。

外反母趾の基準とセルフチェック

偏平足とはどんな状態のことか

人間の足は、真っ平で全面ピッタリ地面に着いているわけではなく、足裏の内側辺りにアーチがあり、通常の状態では地面には着かないようになっています。

このアーチが無く、内側もべたっと地面に着いてしまっている状態を「偏って平らな足」ということで「偏平足(へんぺいそく)」といいます。

偏平足に「どの程度アーチが下がればアウト」というような、明確な基準はありません

ということもあり、ご自分が偏平足なのかどうかは判断は難しいところです。

なのでご自分が偏平足(ぎみ)だということに、気づいておられない方も多いようです。

私どもの場合、多くの大学病院でも使用の足圧測定器「フットルック」によって確認します。

通常はこのように出ますが、偏平足の方はこのような形で出ます。

左が土踏まずのある方、右が偏平足(ぎみ)の方。

よくある誤解でいうと、内側が少しでも浮いていればOK、と思っておられる方が多いです。

しかしこの足圧測定データの様に、足の内側半分は浮いているぐらいで、やっとまともにアーチがある状態、となります。

外反母趾と偏平足の関係とは

偏平足(アーチの低い足)は、外反母趾の発生の仕組みに深くかかわっています。

なのでこれを理解することが、外反母趾を早く治すことにつながります。

という訳で、まずは外反母趾の発生のメカニズムを、できるだけ簡単に説明してみます。

「しっかり足」と「ぐらぐら足」

実は人間の足は歩いている時に、ずっと同じ形をしている訳ではありません。

大きく分けると、2つの形を行ったり来たりしながら歩いているのです。

一つ目の形は、皆さんがよくご存知の状態。

この形では土踏まず(アーチ)があって、足の骨と骨の間が密に締まった状態。

この状態を専門的には回外(スピネーション)というのですが、ここでは簡単に「しっかり足」と呼ぶことにします。

そしてもう一つは土踏まず(アーチ)が低く落ちて、足の骨と骨が緩んでぐらぐらになった状態。

こちらも正式には回内(プロネーション)というのですが、ここでは「ぐらぐら足」と呼ぶことにします。

体を支えるためには「しっかり足」が適しています。

しかし歩くときは「しっかり足」のままでは、その衝撃が直通で膝や股関節に行き、痛んでしまいます。

なので着地の瞬間にその衝撃を吸収するため、、足はあなたが考えなくても自然に「ぐらぐら足」の形に移行しているのです。

そして着地が終わった瞬間からすぐに「しっかり足」に戻る。

実はこれを繰り返して歩いているのです。

外反母趾発生の仕組み

これを踏まえて、外反母趾はなぜ発生するか。

本来「しっかり足⇔ぐらぐら足」を交互に繰り返しながら歩いていたものが、様々な原因で「ぐらぐら足オンリー」で歩く癖になってしまっている方がおられるのです。

「ぐらぐら足」は衝撃吸収用の緩んだ状態なので、それを常時使っていると足に負担が大きく、足は横に伸びていってしまいます。

これが外反母趾の発生原因で、専門的には過剰回内(オーバープロネーション)といいます。

この「しっかり足⇔ぐらぐら足」の仕組みや、外反母趾発生のメカニズムは、別に私が見つけ出した特別な説ではありません。

アメリカなどの足の医療の発達した国では、実はごくごく当たり前の話。

実は足病医学の基礎中の基礎なのです。

ぐらぐら足=偏平足!

ここまでの説明をお読みになって、気づいた方もおられるでしょう。

そうです、話に出てきたアーチの低い「ぐらぐら足」こそが、一般的に言う「偏平足」ということです。

少し先ほどの話を踏まえながら整理をすると、土踏まずは高さがあることにも意味があるのですが、それ以上に「歩くときなど必要に応じて、潰れて低くなること」が重要なのです。

そのために高さが必要であり、その仕組みが足のクッション機能になっているということ。

ということは、ぐらぐら足オンリー(常に最初から潰れた状態)で歩いている偏平足の方は、そうでない方に比べ衝撃が足裏で吸収できず、他の関節が壊れていきやすいということ。

要注意なのです。

そしてそのぐらぐら足オンリーで歩く癖が、外反母趾の主原因になっているという点で、偏平足と外反母趾は大いに関係があると言えます。

但し、偏平足=外反母趾という訳ではありません。

ぐらぐら足オンリーの歩き方は、確かに外反母趾の主原因ですが、それだけで発生しているのではないからです。

外反母趾はそれにプラスして、前足部(特に母指球付近)で強く蹴る動きをすることで、発生します。

(この蹴る動きのことを、専門的には「アブダクトリーツイスト」と言います。)

まとめ

外反母趾とアーチの低い足「偏平足」は、大いに関係はあります。

偏平足は生まれつきでどうにもならない、と思っておられる方が多いようです。

しかし確かに、偏平足は生まれつきの素養も大いに関係していますが、むしろ後天的な足の使い方で「偏平足にして使ってしまっている人」の方が多いのです

その偏平足にしてしまう足の使い方が、外反母趾発生の仕組みの一部になっているということ。

ということは逆に言えば、偏平足は治せる場合が多い、と言えます。

外反母趾を治す流れの中で、偏平足も改善していく場合が非常に多く、その結果足の衝撃吸収力が高まり、膝や腰の痛みも改善されるケースはよく見られるのです。

スマホやタブレットのカメラ機能で、外反母趾の角度を測定できる無料WEBサービスを提供しています。宜しければご活用ください。

 

ABOUT ME
中島武志
中島武志
外反母趾改善の専門家。アメリカ足病医学をベースとした歩法”ゆるかかと歩き”で外反母趾を大幅改善。公開許可のある改善症例1000例以上(2019年5月現在)。北は北海道から南は福岡まで、その歩行指導メソッドを全国の治療家が続々と導入中。ネイティブウォーキング協会代表理事。